本当に禁煙失敗しないの?チャンピックス

タバコは依存症があるものだといわれ、禁煙をすると禁断症状のような事が起きます。
そのため一度喫煙してしまうとやめるのが難しく、自分の力でタバコを吸うのをやめようとしても多くの場合は失敗します。
では禁煙は無理なのかというと、実は医療機関でできる禁煙があります。
医療機関や専門の薬を使った禁煙は効果が高く、高い確率で禁煙ができるといわれます。
そのなかで有名な薬としてチャンピックスというものがあります。
このチャンピックスは人間とニコチンの関係を考えて作られたものです。
タバコを吸う人はニコチン中毒になっていて、強い依存症があります。
そのためまずニコチン中毒を直す必要がありますが、このチャンピックスはその依存症を緩和する効果があります。
また禁煙中はついたばこを吸いたくなりますが、チャンピックスを飲んでいるとタバコがまずくなります。
つまり禁煙中にタバコを吸うのが難しくなるので、依存症を弱め禁煙中のちょっとした喫煙を防ぐ効果があります。
このようにいろいろな効果がありますから、利用すれば高い確率で禁煙が可能です。
ただこのチャンピックス 失敗をすることもあるようで、本当に禁煙失敗しないのかと言われるとそうでない時もあるようです。
禁煙は依存症との戦いですから、本人の意志が弱ければ上手く行きません。
特にこのチャンピックスは12週間までしか利用できないので、その後は自分の意志で禁煙をする事になります。
もちろん12週間も禁煙しているわけですから、依存症は弱まっていますがなくなっているわけではないです。
そのためチャンピックスを使った治療を受けたあとで、また吸ってしまい元に戻ることもあります。
喫煙は生活習慣のようなところがあるので、日頃からタバコを吸う機会を減らしておくことが重要だといえます。