禁煙のキャンパスでもチャンピックスで12週間で

大学生になってキャンパスで吸うのがカッコいいからとタバコを吸い始めたものの、いざ止めたいと思ってもなかなか止められなくなってしまったという人は多いです。
また、キャンパスによっては禁煙になっていたりして、キャンパスで吸えないならと禁煙しようと考える大学生も多いです。
自分の意志だけではなかなか禁煙成功は難しいものですが、チャンピックスを使えば12週間で禁煙が可能です。
なぜチャンピックスを使用すれば12週間で禁煙が可能になるのかというと、チャンピックスを使用した禁煙治療は通常の禁煙成功率の3倍にも膨れあがるからです。
チャンピックスは禁煙のツライ離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制するので仮に禁煙中に吸ってしまってもタバコを美味しいと感じなくなるので禁煙が継続しやすいのです。
では12週間で禁煙するためのチャンピックスの使用スケジュールですが、基本的に最初の3日間は0.5mg錠を1日1回服用することからスタートです。
その後、7日までは1日2回の服用になり、この1週間の間はタバコを吸っても良いのですが2週目からは完全禁煙になります。
2週目からはチャンピックス1mg錠を1日2回服用するという形に変化します。
あとは12週間終了まで同じ用量でチャンピックスの服用を続けるだけです。
薬に頼ることに抵抗があるという人もいますが、喫煙者というのはニコチン依存症というある種の薬物中毒患者である訳ですし、費用に関しても今後タバコを吸い続けるというランニングコストを考えたら圧倒的に安価です。
チャンピックスについても副作用の発生率は低いですし、ニコチン置換の方法と違うので循環器に問題のある人で安心して行えます。